当店にお越し頂くお客様でも多いのが、縮毛矯正をかけたら傷んでしまったというのが一番多いです。

また、殆どのお客様が傷みを実感しているのが多いのです。そして、縮毛矯正をするのを戸惑ってしまうのが多いです。クセがあって扱いずらい、広がってしまう。

でも、傷むから縮毛矯正はかけたくない。。。だから毎日アイロンをしてる・・・

こういったお客様がすごく多いです。そして、それを何とかしたくて髪質改善トリートメントなど、髪質改善ストレートなどを行なっているサロンに行ってみたというお客様が数多くいらっしゃいます。。。。

調子がよかったお客様や逆に傷んでしまったなどの、話しをよく聞きます。その中でもやはり、当店に起こし頂くのは傷んでしまったケースです。。。

これは色んなケースがあるんですが、単純に言ってしまうと美容師の技術不足ですね(経験不足)。トリートメントとして、某有名メーカーさんのものを髪質改善とうたっているものもあるんですが、それよりも難しいのは、髪質改善とうたっているにも関わらず、縮毛矯正の薬を使っていたりする場合です。

もちろん、髪質改善といってトリートメントのようにしている場合でも髪に変化を起こさせるものは基本的にダメージを負ってしまいます。

今回、このブログにたどり着いたあなたもその1人ではないでしょうか???

実は髪質改善といっても縮毛矯正の薬やストレートの薬を用いて、真っ直ぐツヤツヤにしていることがあります。それによって髪がダメージを受けていく、もしくは元々のダメージの上に薬剤を使ってしまい傷んでしまった。。。

たしかにツヤツヤになっているかもしれませんが、それはダメージが良くなっているのでしょうか?最終的なアイロンの仕上げに騙されていませんか???洗い流さない(アウトバス)トリートメントを最後の仕上げで使っていませんか???

結果、髪の毛は傷んでいく・・・パサつきや広がりが解消されるわけでもなく。。。こんなはずではなかったと。

当店では、このようなお客様が最近多く、ご来店されております。そう「あなた」だけではなく、このようなお悩みを持っているのです。

当店では、カウンセリングにおいてしっかりとお話しをお聞きすることにしています。その上でトリートメント成分による髪質改善をしていくのがいいのか、「縮毛矯正」がいいのかをチョイスしていきます。

メリット・デメリットも当然お伝えしますが・・・

簡単に説明しておくと、メリットとしてはトリートメント成分を入れ込み定着させていくのでダメージがなく髪が良くなっていく。。。見た目的な状態においてはすぐには良くならないのと時間がかかる

デメリットとしては、多少のダメージがでる可能性があるものの「縮毛矯正」によって髪の毛のキレイさはできやすくなるものの、キレイになるまで時間がかかりにくいが見た目のキレイさではこちら

といったようになるのが、メリット。デメリットになるんですがこれもだいぶ簡潔させてもらいます。

最終的に髪をよくしていくための準備として縮毛矯正を使った毛髪改善をおこないました。

実は傷むかどうかって「縮毛矯正」をかけるときに担当する技術者で変わるんですよね。。。毛髪の見極めから薬剤の選定に、薬剤の塗布や乾かし方など。。。

この技術によって「差」がでてきます。傷みにくくするには、これ相当に経験も必要ですし、見極めも必要になります。

もし、あなたがトリートメントとと言われてやったのに、髪が傷んでギシギシになったりチリチリになったときは、当店にご連絡を下さい。あなたの髪に必要な施術を致します。。。

当店では、クセや広がりでお悩みの方がおおくてご来店くださっておりますが、一回の施術で良くする事ができる方もいらっしゃれば、数回の施術が必要になる方もいらっしゃいます。

こればかりは、実際の状態を確認しないとなんともいえませんが・・・しかし、必ずよく致します。

もしこのようなお悩みにお困りでしたら、ご連絡ください。お待ちしております。