最近こういったお客様が増えてきています。実はこういった、お悩みを持つお客様が多いんですよ。。。

これって何年もカラーを続けてきていたり、前回明るくしすぎた為だったり、アイロンなどの過度のダメージによりなってしまったりなどが原因だったのです。

覚えはないですか?カラーを毎月毎月していたり、いつも明るめのカラーをしていたり毎日アイロンをしていたりなど・・・・

でも、カラーの持ちがいいかどうかって最終的にカラーをする美容師さんの技術によるんですよね。カウンセリングをしているはずなので、色が明るくなりやすいなどパサつくなどの悩みを聞いているわけなんですよね。その中でどうやって施術すれば、色が持つのかパサつきを抑えられるのかって。。。

同じお店でも同じ薬剤でも、そのスタッフによって施術に差がでるんです。

これは知識と経験の差でもあるんですけど、どの薬剤を使うのかまた混ぜ込んでいくのかなどを知っているか知らないかが原因です。

一時的にカラーをして暗くしてもすぐに、明るくなってしまったのでは意味がないのです。そのたびにカラーをしていればドンドン傷むし、余計にパサついてしまいます。

すると、髪は傷みで広がりがでてしまうしアイロンを毎日使って広がりを抑えないといけなくなってしまう。。。

こんどは別の悩みになってしまっています。悪循環だなって。。。

当店ペンシエロでも、初めてご来店頂くお客様でもカウンセリングをしていると実に多いんです。。。いつも髪色が明るくなってしまうんです。カラーしても一ヶ月もしないうちに明るくなってすぐに染めないといけない。すごいストレスですと。

美容室にいくたびに、明るくなりやすいので暗めにしたいと伝えてもすぐに元に戻る。美容室を変えても変わらない、髪は傷む。。。。

そんな中で当店にご来店頂きました。お客様のお悩みにお答えするために。。。現状のお話しを少々傷みが多くて色が抜けやすく、過去のカラーの繰り返しでドンドン明るくなってしまって暗く染めてもの明るくなるお悩み・・・

このお悩みを解決するために必要なことは、施術履歴とご本人であるお客様の要望などをしっかりとカウンセリングすることから始まります。。。

色味を重要視するのか、明るさを重要視するのかなどによって施術方法もかわるのですが、それと同時に髪のメンテナンスも同時にしていかないければいけません。これは、髪の中にある栄養素を補っていくことになりますが、通常のトリートメントでは、なかなか難しく栄養が浸透しないことが多いのです。

またその栄養と同時に髪の色素の代わりとなるカラー剤を髪に入れ込んでいかないとすぐに色が抜けて明るくなってしまうのです。そうこの栄養と同時に色素をキレイに補充することが何よりも色が明るくならない為の秘訣となるのです。

考え方と技術ですが、毛髪の状態でかわるので実際のカウンセリングの状態でしか施術例はだせませんが。。。これはしっかりと髪の毛を見てくれる美容師さんでないと難しいと思います。

もしも、今まで美容室で染めていて、髪がすぐに明るくなるそんなあなたのお悩みが解決しない場合は当店にぜひご連絡下さい。

あなたのお悩みを解決します。