縮毛矯正を受けてから根元が折れました。
そこから髪の毛がちぎれてる場所がたくさんあって困っています。
縮毛矯正を受ける前はこんな事はなかったので不安で困っています。
これは縮毛矯正をした事が関係ありますか?
髪の毛が焦げたみたいな触りごこちになっていて、その根元が折れ曲がった場所からちぎれます

こんな質問が先日寄せられました。。。これは明らかな縮毛矯正の失敗になりますね。縮毛矯正の失敗の中でもビビリ毛と同じくらいの失敗だと認識しているので、そのようにお伝えしています。

なんでこうなったのかという事から説明させて頂きましたが、このブログでもお伝えしておこうと思います。やってしまった美容師さんもなぜ?と思っているとこの先も困ると思うので。。。

まずは、一番問題なのは毛髪診断がちゃんとできなかったことから始まりますね。詳しく聞いていると、過去の縮毛矯正では3ヶ月に一度の縮毛矯正で頻繁にしないと駄目なのと、前回あまり伸びていなかったのと白髪染めを1ヵ月に一度は必ずしているとの事でした。

白髪染めはそのお店でもしていて、今回初めてそのお店で縮毛矯正をかけることにしたそうです。そうしたら先ほどの状態になってしまったそうです。これには困って当店のブログをみてご連絡をいただきました。

根元が折れてしまった原因に関しては、美容師ならわかると思いますが念のために、これは根元つまり地肌まで薬剤がついてしまったことが原因です。薬剤を沢山付けすぎたが為におこる現象で、クセを伸ばそうとしてやりすぎてしまったことに起因します。

また、その状態でアイロンで伸ばそうとしてプレスを掛けすぎて根元が折れてしまうのが特徴的です。ここで薬剤の塗布とアイロン操作のミスがでてしまったのが原因になります。そして、それによって引き起こされてしまったのが、根元からの断毛になります。

この断毛によって起こったのが、ちぎれている場所が沢山あるようになってしまったのです。さらに薬剤の過剰反応によって髪にストレスがかかりすぎてしまって、ダメージを負ってしまったのと薬剤の流しが少なくて若干残ってしまったところに、高温のアイロンによって加熱された髪の毛がこげついてしまったことで、ごわごわになり焦げた状態になってしまったのです。

そうなってしまうと正直にお話しするしかないんですが、そいの美容室では何も説明もなく。。。仕上げにトリートメントとアイロンで終わりになって家に帰ってシャンプーしてから気づいたそうです。

ご質問の連絡を頂いた時にも、しっかりとこのお話しはさせて頂きましたが、髪をよくするには時間が必要ということもお話させてもらい、今の現状でできることは髪の毛に負担を掛けないことと髪の状態をよくすることしかできないと。。。

それと根元の折れたのを治すことしかできないのと、こげてちりついて手触りをよくすることのみになると、お伝えして後日に施術をさせてもらうことになりました。

このような状態になることは殆どないんですが、ごくまれにこういったことがおこります。技術と知識不足にちょっとした油断からこういったことが起こります。。。

こういったことにならなければいいのですが、もしなってしまった場合は一度ご連絡をください。一緒によくしていくお手伝いをさせて頂きます。