いつもご覧頂いてありがとうございます。

今回のお客様ですが、クセっ毛でありながらも過去に縮毛矯正で失敗してしまいそれ以来縮毛矯正に不安を抱いてしまったという事です。。。

まず多いのが、縮毛矯正で真っ直ぐになりすぎてしまったので、毛先にデジタルパーマをかけたことによって、チリチリになってしまった。。。

思っているよりも真っ直ぐになってしまった。縮毛矯正したらすごく傷んでしまった。

こんな経験をしてしまったら、もう縮毛矯正をかける気にもなりませんよね・・・・

けっこう多いんですよね。もしくは前回の縮毛矯正でいたんでしまったなんて話も聞きます。。。

こうなってしまうと正直にいって、キレイにしていくのは時間がかかります。

一度ダメージをしてしまった髪の毛を治すことは正直にいって難しいですし、元に戻すというのは不可能だと思ってもらってもいいかと思います。

なので当店に初めてお越しのお客様にもそれをしっかりとお伝えさせて頂いております。

単純に傷ませないように慎重に縮毛矯正するので安心してくださいと伝えます。傷む原因も合わせて伝えていますので、ご納得した上で施術をします。

大半のダメージなどは、美容師による薬剤の選定ミスやアイロンなどによる過剰な熱反応が原因になるので、そこさえ気をつけておければキレイで自然な縮毛矯正をすることができます。

こういった大きなウネリのある髪質の方でもちゃんとキレイになりますし、しっかりとダメージケアをしながら縮毛矯正をしていけば、手触りのよいサラサラのストレートになっていきます

それとよくボリュームがなくなるという事ですが、アイロンを使わずにブロー矯正をすることでボリュームをなくさずに自然な仕上がりのストレートにすることができます。

そうすることで熱によるダメージが抑えられるのと保湿をしっかりとすることで、つややかで潤いのある髪にしていくことができます。

薬剤と施術に、こだわりをもち尚且つ傷ませないことにすることでキレイな髪にしていけます。

当然の事ながら、健康的な髪にするにはそれなりの時間もかかってしまいます。過去の施術によってのダメージを取り戻すのは時間が必要となります。髪の毛の傷みにお悩みであればわかるかと思いますが、何をしてもパサつきや傷みが変わらない。

変な癖の髪になった、いつも広がってしまう。こんなお悩みがあるからこそ、ブログをみて頂いているのだと思います。

縮毛矯正をキレイにするにも時間は必要です。あなたの傷んだ髪の毛一緒にキレイにしましょう。