大人女性にとって白髪はもっとも気になることではないでしょうか?

例外はあるかと思いますが、一般的には白髪がでてくると憂鬱な気持ちになりますし、きれいには見えないかと思います。やはり少しでも白髪がでてくると気になりますし、染めるものになってくると思いますが、できればきれいなツヤのある髪の毛にしたいと思いませんか?そんな白髪染めについてをお伝えします。

白髪染めにも種類は沢山ある・・・・

白髪染めといってもその種類は多くあります。薬剤をつくるメーカーさんが沢山あるのがその理由でもありますが・・・大きく分けて種類は三つになるかと思います。

  • カラーリングによる白髪染め
  • ヘアマニキュアによる白髪染め
  • へナ・草木染めによる白髪染め

それぞれについてご説明しますね。

カラーリングによる白髪染めは

もっとも多くの人がしている白髪染めではないでしょうか?この白髪染めですが、美容室での白髪のカラーリングと、自分で薬剤を購入しておこなう白髪のカラーリングにわかれると思います。

市販と美容室の白髪染めの違い

以前の記事にも書いてあるので確認してみてください。実際に美容室と市販の白髪染めに関してはダメージの違いははるかに出てきます。これはまずは薬剤にたいしてのものと染める人によって違うからです。

薬剤の染めるチカラが強いものでも染める人によってはダメージを少なくすることはできますし、また市販の薬剤で自分で染めるということは薬剤に対してのリスクも高まります。たしかに白髪が気になってしまいマメに染めたいのはわかりますが、その白髪染めを繰り返すにあたって髪の毛はパサつきがでたり自分の思っている色にならないことが出てきます。

またむやみやたらに白髪染めをしていると、頭皮へのダメージも心配になります。頭皮へのダメージが多くなれば肌荒れの原因にもなってしまいます。

したがって、市販の白髪染めをしてしまうと髪の毛のダメージだけでなく頭皮へのダメージも懸念されます。自分で染め続けると美容室で染めるよりもはるかにダメージが出ることを覚えておいてください。

また、美容室でもむやみやたらにベタベタとカラー剤を塗ってしまうようなことをしていると同じようなことになってしまうので、しっかりと負担を考えてくれる美容師さんにやってもらうといいです。

ヘアマニキュアによる白髪染めについて・・・

ヘアマニキュアによる白髪染めをされたことありますか?昔は多かったのですが、最近はヘアカラーによる白髪染めが多くなりました。ヘアカラーによる白髪染めのほうがバリエーションが多いのと明るさの調整ができるので、ヘアマニキュアよりヘアカラーの白髪染めのが主流になっています。

ヘアマニキュアは基本的に明るい髪の毛(ブリーチ)や白髪にのみ染まるものになっています。これは色を乗せるということになりますので、黒いところに色をのせても目で確認できないのと同じになります。

しかしこのヘアマニキュアのメリットでいうと、第一に髪の毛をコーティングをするので髪の毛が傷むことがありません。それと紫外線のダメージから髪の毛を守ることもできますし、白髪にしか染まった感じがしないので色がとれてくると自然な状態に戻ります。髪の毛をコーティングすることによってツヤ感もでてきますし、ハリコシもでるので髪の毛が細いかたやツヤがないかたには一番いいかと思います。

しかし、デメリットもあります。それはなんといってもヘアカラーのように明るさを楽しむことができないということになります。また白髪の生えている箇所によってはメッシュのような仕上がりになってしまうのでそれが好きではないかたもいると思います。染め続けるほどに色が持続するのですが、ヘアーカラーをする時には、そのヘアマニキュアが邪魔をしますのですぐにヘアカラーがうまくいきません。地肌にヘアマニキュアがついてしまうと色素沈着を起こしてしまい、ヘアカラーよりも地肌の色がとれるのが時間がかかります。また、染めた直後の3日前後くらいは色落ちすることになりますので、色落ちしても大丈夫なタオルを使ってください。また、ヘアマニキュアは地肌からは染めることができないので、ヘアカラーやへナでの白髪染めよりも気になるのが少しだけ早いです。

ヘナ・草木染めによる白髪染め

ヘナや草木染めに関してももちろんメリットとデメリットが存在しています。どちらも基本的には植物成分でできていますし、100%天然成分でできていると伝えているものもありますが、100%安全なものはありません。よく安全だからといっている人もいますが、植物エキスによってはアレルギー反応をおこすこともありますので覚えておいてください。

では、なにがメリットかというとまず第一にダメージが少ないということが一番前提にあります。それとヘアマニキュアとちがいヘアカラーの白髪染めと同じように地肌から染めていくことができるので、白髪がしっかりと染めることができます。

逆にデメリットでいうとヘアカラーの白髪染めとちがい色の明るさや色味を選ぶことができません。また、ハリコシはでるのですが逆にきしみになってしまいます。それとへナを繰り返している髪の毛ですとヘアカラーが染まりづらくなります。明るくしようとしても明るくなりづらく、明るくなっても髪の毛がオレンジ色になってしまいます。これはヘナの染料が髪の毛にしっかりと入っているためにおこる現象です。

若々しい髪の毛はツヤ髪をつくること

30代以降になるともっとも多く白髪が気になることが多くなりますが、白髪染めを検討すると思いますがすぐに白髪染めをするのがいいのかもしくはヘアカラーでいいのかの判断もあります。これはどこに白髪がでてくるのかによってかわるかと思います。髪の毛の内側にすこし出たくらいの白髪であればヘアカラーでもいいかもしれませんが、顔周りや分け目などのみえるところに出てきた白髪に関しては白髪染めをするのが一番効果的だと思います。

あとは白髪を染める周期や染め方や薬剤によって変わっていくので美容師さんとしっかりと相談したうえで染めていくのが一番です。そうすることによって若々しいツヤのある髪の毛を作ることができます。

ツヤのある白髪染めのヘアケアについて

白髪染めをしている髪の毛のヘアケアについては、まず一番最初にわかりやすいのが洗い流さないトリートメントが一番に浮かびますが、オイルタイプやミルクタイプ、ミストタイプなど色々とありますが、これは髪質によって使うものを選んでいくのが一番です。髪の毛が傷みすぎていると吸収しすぎてベタつきや髪の毛が乾かないことになってしまいます。ここは髪の毛のプロである美容師さんとしっかり相談しましょう。

次にシャンプーとトリートメントになります。普段使っているシャンプーやトリートメントによってはヘアカラーの色持ちがわるくなったり、染めた部分の白髪染めが薄くなってしまったりパサパサになる原因になる可能性があります。そのために綺麗なツヤ髪をキープするためのシャンプーやトリートメント選んで使うことをお勧めします。

最後にドライヤーのかけ方によってはやはり髪の毛のダメージが進行してしまい髪の毛のパサつきや退色が早くなってしまいます。

結果的にどこまでこだわってくれるかだと思っています。

どのような薬剤を使用してもどのような施術をするかも担当する美容師さんにより変わってきます。どこまで気を使ってどのようなケアをしてくれるかで綺麗なツヤ髪を作れるかだと思っています。

薬剤の選定から塗り方に放置時間に前処理と後処理で仕上がりが変わってきます。一つ一つにこだわりをもっていけるかでかわっていきます。さらにシャンプーやトリートメントにもしっかりとこだわりが必要になります。

ペンシエロではこのすべてにおいてこだわっていますので、ツヤ髪をつくり持続させることが可能になっています。ぜひあなたの髪の毛をツヤ髪にしていきましょう。


 

美髪デザイナー 豊島淳一

都内美容室を12年経験後に品川区中延に髪質改善エステ×頭皮改善ハーブマジック美容室Pensiero【ペンシエロ】をオープン。 ヘアケアと頭皮ケアの知識が豊富。縮毛矯正とヘアーカラーが得意。 楽なスタイルとツヤ髪つくりに定評、独自のカウンセリングで30代~50代中心として美意識の高いお客様からの評価を頂いております。


 

髪質改善エステ×頭皮改善ハーブマジックPensiero(ペンシエロ)
東京都品川区中延3-8-11 桜井ビル1F
東急大井町線『中延駅』より徒歩2分
東急池上線『荏原中延駅』より徒歩5分
《定休日》火曜日・第2水曜日

《営業時間》10:00~20:00【最終受付19:00迄】


 

ラインでのご予約方法

ネット予約の仕方

料金表