頭皮にかゆみが現れたら・・・

頭皮のかゆみが気になったら

頭皮がかゆくてついポリポリと掻いてしまう。
このような経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか?
頭皮のかゆみを感じたら、何らかの影響で頭皮が炎症を起こしていたり、
かぶれていると考えましょう。

また、かゆみはフケなどを伴うことも多く、かゆみが我慢できなくて掻きむしってしまった結果、
症状がさらに悪化するという悪循環に陥ることも少なくないようです。

なぜ頭皮がかゆくなるのか?
以下では、かゆみを引き起こす主な原因をご紹介します。

かゆみを引き起こす原因

刺激の強いシャンプーの影響

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮の刺激になりダメージを与えます。
また、洗浄力が強いシャンプーは脱脂力が強く、頭皮に必要な皮脂までも取り除いてしまうため
頭皮が乾燥し、その影響でかゆみを引き起こすことも。

刺激の強いシャンプーを使い続けることは頭皮に深刻なダメージを与え、
かゆみだけでなくフケやべたつき、抜け毛など様々なトラブルを招く恐れがあります。

特に注意したい成分は合成界面活性剤の一種である「ラウリル硫酸ナトリウム」
今すぐあなたが愛用しているシャンプーの成分表示をチェックしてみましょう。

 

ヘアケア剤や整髪料が頭皮に残ることで起こる炎症

頭皮のかゆみはヘアケア剤やワックスなどの整髪料が完全に洗い流せおらず、
頭皮の残ることで起こる炎症ということも考えられます。
これはシャンプーの時のすすぎ不足も関係しているので、
正しいシャンプーのやり方を意識してしっかりと洗浄することが大切です。

また、ヘアケア剤や整髪料自体が肌に合っていなくて、
その影響で頭皮がかぶれているという可能性もあります。

 

ゴシゴシ洗いや爪でひっかいたことによる頭皮の炎症

かゆみが気になるとついシャンプーのときにゴシゴシ洗ってしまったり、
爪で引っ掻いたりしてしまうものです。
しかし、このような乱暴なシャンプーのやり方は頭皮を傷つけ、
そこから炎症が起こりかゆみを招くことに。

頭皮についた汚れや毛穴つまりをしっかり取り除くことはまず第一に大切なことですが、
その前に強く洗いすぎていないかという点を意識することはもっと大切です。

 

頭皮を不衛生にすることによる、細菌の繁殖

シャンプーの回数が極端に少なかったり、洗髪をせずに眠ってしまうなど
頭皮を不衛生にしたままでいると、頭皮環境を悪化を招く細菌の量が増加します。

頭皮に細菌が繁殖すると免疫力が低下し、敏感肌に。
少しの皮脂や刺激でもかぶれてかゆみを引き起こすなど、
トラブルの起きやすい頭皮になってしまいます。

 

間違ったシャンプーのやり方による頭皮環境の悪化

以下のようなシャンプーのやり方はかゆみを引き起こす可能性があるため注意しましょう。

 

ゴシゴシと力強く頭皮を洗う
爪で引っ掻く
シャンプーの原液を直接頭皮につける
熱いお湯で短時間にシャンプーする
洗浄力の強いシャンプーを使う
すすぎ時間が短い

このようなシャンプーのやり方は、上記にも紹介したようなヘアケア剤や整髪料の洗い残しが起こったり
頭皮の炎症を招いてしまいます。
間違ったシャンプーのやり方は様々な頭皮トラブルの原因になるので要注意です。


美髪デザイナー 豊島淳一

都内美容室を12年経験後に品川区中延に髪質改善エステ×頭皮改善ハーブマジック美容室Pensiero【ペンシエロ】をオープン。 ヘアケアと頭皮ケアの知識が豊富。縮毛矯正とヘアーカラーが得意。 楽なスタイルとツヤ髪つくりに定評、独自のカウンセリングで30代~50代中心として美意識の高いお客様からの評価を頂いております。


 

髪質改善エステ×頭皮改善ハーブマジックPensiero(ペンシエロ)
東京都品川区中延3-8-11 桜井ビル1F
東急大井町線『中延駅』より徒歩2分
東急池上線『荏原中延駅』より徒歩5分
《定休日》火曜日・第2水曜日

《営業時間》10:00~20:00【最終受付19:00迄】


 

ラインでのご予約方法

ネット予約の仕方

料金表