トップ » よくある質問 » 市販のカラー剤と美容院のカラー剤の違いは?

よくある質問

市販のカラー剤と美容院のカラー剤の違いは?

市販のカラー剤と美容院でのカラー剤の違いはなんですか?

ということで、今回このお話をしていきたいと思います。基本的な成分は近しいものがあります。例えばホ〇〇ーというメーカーさんですが、市販もプロ用も存在しています。なぜこれらの薬剤の違いがあるかというと薬剤自体のパワーの違いがあります。
市販の薬剤は誰でも気軽に染められるという事で、薬剤のパワーは高めに設定されています。これは普通のカラーでも白髪染めでも同じことが言えます。なぜなら染まることができないと商品の価値がなくなってしまうからです。さらにより多くの人が使えるようにするために、髪の毛のダメージや頭皮へのダメージを考慮せず、ただ染めることにだけ特化しています。

では美容院はどうかというと、染めることは前提にありますが、誰がどうのように染めるかで変わってきます。当然薬品ですから危険も伴いますし、相当の知識も必要になります。詳しく言ってしまうと今の髪の毛の明るさをどこまで明るくするのか、また暗くするのかお客様の今の髪の毛の状態で薬剤の設定も変わってきますし、色持ちをよくするために補色や色味のブレンドをしたりとその人の技術と知識が大事になります。
ぶっちゃた話しをしてしまうと、きれいに染めるだけなら技術をもっていれば染めることは可能です。しかしそこには希望した色味と違う風に染まってしまうこともあります。それは、カラー剤の調合が希望色にあっていないことも原因です。髪質は十人十色ですので、経験がそこには必要になるのです。

このように髪質によって染まりやすさや染まりづらさがあったり退色や黒染めなどさまざま条件の中で美容師は日々考えながらカラーをしているのです。お客さんの希望職に染める為に、さまざまな薬剤を調合したり薬剤や放置時間の設定をしているのです。

予約
品川区中延の髪質改善×予防美容ハーブマジック美容室 Pensiero [ペンシエロ]の写真

Pensiero(ペンシエロ)

東京都品川区中延3-8-11 桜井ビル1F TEL 03-6426-6722 営業時間 10:00〜20:00(最終受付19:00迄) 定休日 火曜日・第2水曜日

友だち追加

↑LINEでお友達になりませんか?24時間予約や空き状況の確認。また、髪のお手入れ情報等を情報発信しています。お気軽に追加してご利用ください。