白髪染めとカラーリングでダメージの違いは

よく聞かれる質問でしたので、今回はこちらについて書いてみました。
白髪染めも普通のカラーリングもダメージを負うということでは変わりはありません。一番の違いは白髪染めは、黒くすればするほど色素の量が多くなるので、その分髪の毛に付着するものが多くなり髪の毛の手触りを損なってしまいます。(ざらざらするような手触り)
繰り返し行うことで、髪の毛の色が黒くなっていき、明るくすることが困難になってしまいます。
一方のカラーリングにおいては、明るくすればするほどに髪の毛へのダメージが強まり、色持ちが悪くなっていきます。

どちらの施術をするにあたってもダメージを減らしながら色を調節するには、適切な薬剤の調合と放置時間に処置をすることが一番の近道になります。

あなたの髪の毛が誰よりもキレイでいられるように参考にしてください。


白髪予防・白髪染めランキング
クリックお願いします

質問やお問い合わせはLINEからともだち追加で話しかけてください

友だち追加


品川区中延髪質改善×頭皮改善ペンシエロ

品川区中延3-8-11
℡03-6426-6722