中医学の観点から考えていくと、エイジングと予防美容は身体のメンテナンスから始まると考えます。五行の考え方は意外と知られていないこともありますが、五行とは自然界の様々な変化や環境を五つの要素に分類していく考え方になります。

五行によって考え方をかえると予防に役立つ

五臓六腑(ごぞうろっぷ)という言葉を聞いたことあるかとおもいますが、五行はこの部分にも関連していますの合わせてご紹介します。

  • 木(肝)・・・五臓では「肝」を示していて、感情や自律神経とも関係が深いとも言われています。季節でいうと春に属し方位は東とされています。また、食としては酸味がある食べ物が良いとされています。この「肝」を落ち着かせることにより肝機能を正常化させる働きになるので、身体のバランスが整いやすくなります。
  • 火(心)・・・五臓では「心」を示していて、身体全体の統括をする部分になると言われています。季節でいうと夏の属し方位は南とされています。また、食としては苦味のあるものを食べると良いとされています。この「心」の部分を安定させることによりストレスの軽減に一役買ってくれます。
  • 土(脾)・・・五臓では「脾」を示していて、身体では消化・吸収などの働きと関係が深いとされています。季節の変わり目を示しています。また、食としては黄色で甘いものを食べるのがいいとされています。この「脾)の部分をしっかりとすることで身体に必要な栄養素を蓄えやすくなります。
  • 金(肺)・・・五臓では「肺」を示していて、空気を身体の中に取り込んで、不要なガスを排せする働きがあるといわれています。季節でいうと秋に属し方位は西を示していて、身体を温める辛いものを食べるといいとされています。この「肺」がしっかりしていると排せする力が正常なので老廃物の除去にも役立ちます。
  • 水(腎)・・・五臓では「腎」を示していて、生殖系や免疫・老化などとも関係があると言われています。季節でいうと冬に属し方位は北を示していて、海にある黒い色のものを食べるのがいいとされています。この「腎」がしっかりとしていると免疫力のUPにつながり体調管理に役立ってくれます。

このように五行はそれぞれのことを示しているので、身体のバランスを考えるのに適しています。身体のバランスを整えて免疫力があがれば、排せする力もあがり花粉症の対策にも役立ってくれます。

花粉症はアレルギーの1つですが、体内に入り込んで他のアレルギーとの併発もありますが吸い込むことは仕方ない部分として捉えて、それよりも予防でのマスクや排せ力を高めて、アレルギーを抑制することが一番いいことに繋がると考えられます。


美髪デザイナー 豊島淳一

都内美容室を12年経験後に品川区中延に髪質改善エステ×頭皮改善ハーブマジック美容室Pensiero【ペンシエロ】をオープン。 ヘアケアと頭皮ケアの知識が豊富。縮毛矯正とヘアーカラーが得意。 楽なスタイルとツヤ髪つくりに定評、独自のカウンセリングで30代~50代中心として美意識の高いお客様からの評価を頂いております。


 

髪質改善エステ×頭皮改善ハーブマジックPensiero(ペンシエロ)
東京都品川区中延3-8-11 桜井ビル1F
東急大井町線『中延駅』より徒歩2分
東急池上線『荏原中延駅』より徒歩5分
《定休日》火曜日・第2水曜日

《営業時間》10:00~20:00【最終受付19:00迄】


 

ラインでのご予約方法

ネット予約の仕方

料金表